読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怒りの感情を出した時、なぜかしあわせだった。

 

 

それは、きっと感謝だった。

 

おこれるしあわせ。

 

ずっと蓋をして押し込めて押し込めて腐りきった私の黒を、出す。

それは怖くて、死んでもいいような気がして

 

蓋をしたかったけど、

開けたんだ。

それは、人を傷つけるほど腐っていて、怖いとごめんなさいを超えて怒っていて

自分の叫び。

自分への叫び。

 

1人では、扱いきれない怒りを

引き出してくれた人

ぶつけさせてくれた人への感謝。

 

というか

自分勝手な言い方をすると

安心感。

 

誰にも見せたくない私を

見せれた、見せてしまった、という開放感なのか。

 

開き直りのような、でも、後から湧いてくる安心感と感謝。

 

あ、蓋を開けたら死ぬと思ってたのに(無意識に)

なんか別に大丈夫みたい。。。みたいな。

なんだ、この世界。大丈夫みたい。みたいな。

 

そのあとぶぁーっとありがとうと思う。