読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手のひらと足のうら

1月10日


今日はゆっくりと朝起きて

大好物の炊き込みごはんを食べて


おばあちゃんの所へ。


今日はベットに寝ていたおばあちゃん。

目はつむっているけれど

ぱちぱちとして、起きているのかな。

冷たい足を両手で温めて

親子で世間話をしながらマッサージ。


カスターオイルをたっぷりつけて

むくんだ足を包みます。


今日はエステですよ、綺麗になりますよ〜

気持ちいいですか?

なんて言って、


冷たい足を温める。


おばあちゃんと共に歩んできた足の爪は、真っ白で分厚くてカッチカチ。亀の爪のよう。


足はむくんで大きく、象のよう

温度は冷たく、氷のよう。

包んで、さすって、あっためる。


おばあちゃんのお肌は

柔く白く透明で、美しい。

とってもとってもきれい。

大切に大切に。



それでは

歌でも歌いますか、と冬らしく

やーまーはしろーがね〜♪と言おうとしたら、

やーまーは招くよ〜と母親。


ん?それ小学校の校歌じゃないですか!笑


そしたら出てくる出てくる、懐かしい歌詞たち。


するりするりと、何も考えないで、大笑いしながら母校の校歌を3番まで歌いきり、

すっごーーーい!とまた大笑い。


体が覚えてるって、こういうことね。


頭じゃ忘れても

体が覚えてる。心が覚えてる。


そうだ、おばあちゃんもきっと、そう。


血が巡ると、白い肌が桜色。

少しずつ体に戻ってきたおばあちゃん。

耳元で声をかけると

うなづいてくれる。


時々足をピクンと動かして

私に応えてくれる。


足を指先からかかとまでさわって

もんで、自己流の足裏マッサージ。


手のひらと足のうら

おばあちゃんと私は繋がった。



全部を委ねてもらって、

足をさわらせてもらって、


それはしあわせな時間。

愛されている時間でありました。


今日もありがとう。

おばあちゃん、愛してくれてありがとう。



今日もすてきだよ(*^^*)