読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

根っこ

f:id:ahahami:20160718222234j:image

 

きのうみた空

 

どんどん変わっていく景色から目が離せなくて

土手を登った。

 

とてもいい予感がしたきのうの夕暮れ。

 

 

 

そして、

とても苦しい今日。

 

わたしはきっと、わたしのこころの

黒い部分のもとのもとのもとのもとの所

それが何か

自分でわかっていない。

 

わかっていなくて

いつも間違えてるんだと思う。

 

 

正解はわからないけど、正解ではないことにだけはきっと感づいているから、どこかもやがかかったまま、でも間違えきれなくている。

 

間違えたまま突っ切ることもできず

でも正解もわからなくて苦しい。

 

 

もしかして、正解するのが怖いから

わざと間違えてるのかと思ったこともあったけど

そのとき正解と思ったことも、きっと間違えな気がしている。

 

正解とか間違えって言葉を使うと

変な感じがするけど

 

なんというかこころの本音みたいなもの。

 

 

わたしの黒い黒い部分の本音

光の本音も

もとをたどれば

同じところにたどり着くのかな。

 

 

知りたい。知りたくない。

涙の根っこ その理由。

 

 

わたしは本当は何を求めているんだろう。

 

いつかわかる日がくるのかな。

 いや、わかっているのかな。

 

 

 

何が言いたいんだか。

今日は、ちょっと疲れてしまった。

 

 

 

いい予感がしたきのうの空をみてゆっくり休もう。

 

きのうの風を思い出して

すこしだけやさしいきもちになる。

 

 

夕やけに背を向けたら

まんまるまであと少しのお月様が光っていた。

 

f:id:ahahami:20160718230017j:image