読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢うつつ

朝、いつものサンタさんの気配。

夢うつつ。

赤い四角い箱。

日々のありがとう。

 

毎日が特別な日なのに

忘れる毎日。

 

思い出す1年のおわりとはじまりのとき。

 

贈り物の中に詰まっているのは

毎日にちりばめられた、やさしさで

つるつるの包装紙をさわって

よみがえる日々の中の小さなだいすき

と、愛された記憶。

 

あたりまえの朝のしあわせに気づくには

遠回りばかりしていたけれど。

 

こうやってここに戻ってくる。

 

しあわせは形じゃないけど

しあわせの形はある。

 

 

眠い頭で

つるつるの余韻に浸りながら

明日の贈り物は何にしようか考える。

 

 

あぁ、なんてしあわせな朝。

 

 

 

これは

くりすますの朝のこと。