日常がはじまった

今週は、からだがヘロヘロだった

 

 

火曜日に高熱を出して

水曜日は1日仕事

木曜日にのどにきて

金曜日、声が出なくなる

頭痛と肩こりとなんとも言えないカラダの重さ

土曜日、目覚めると顔がかぶれて目が腫れ上がりぱんぱんで、おまけに生理がきた。

 

 

火曜の39℃の熱で、私の体はなんか狂ったようになった気がした

 

 

 

かぶれて腫れ上がった目をショボショボさせながら、1週間が終わってほっとした帰り道。

 

ふにゃっと濡れちゃったあんぱんまんみたいになった自分に、あははのため息

 

励まそうとして、

濡れたあんぱんまんは弱いけど、でも顔が濡れちゃったのは勇気を出したからだよ

 

ジャムおじさんに新しい顔届けてもらえば大丈夫だよ

と心の中で。

 

だから

私の顔が濡れちゃったのは、私もきっと勇気を出したからだよ

また新しい自分になる、少し前ってことだよ

と言い聞かせた。

 

で、一瞬、ん。勇気?

私はいったいなんの勇気出したのさ。かぜをひいただけじゃんか。と、疑問が湧いて

 

でも少しして

突然ぶぁーと涙が出てきた。

 

私も勇気を出したみたいだ

 

 

おばあちゃんとさよならする勇気

 

そっか

大好きな人とさよならする勇気を出して、私は顔がぐちゃぐちゃになった

 

それを勇気と呼ぶのかそうじゃないのかはよくわからないけど。

そんなことを思った。

 

きっと

今は生理のせいで情緒不安定なのだ。

 

 涙が出てくるのだ。

 まだ泣きたかったのか

 

大丈夫。 いっぱい泣く。

おばあちゃんの命にふれている。

命か。

 

あぁ。熱をきっかけに、からだが狂ったって言ったけど、本当はこの体の不調は、私を整えてくれてるんだと思う。

狂ったように、おかしいカラダの不具合がでたけど、でも、2ヶ月こなかった生理がこうしてきたのだから

うん、間違いない。

 

からだ。ありがとう。

うれしいよ。

 

日曜日は、ゆっくりしよう。

 

 

ポロポロ泣いて

あーあ。また目が腫れる。

 

それと反対にわたしの中、クリアになってきた気がしてる