読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

帰り道のひとりあそび

仕事帰り、おばあちゃんの顔を見に行くのが日課。

 

そこからの帰り道、母とそれぞれの車に乗って家に向かう

 

 

✈︎ ✈︎ ✈︎ ✈︎ ✈︎

 

 

途中、二車線の道路

 

後ろから来た母の水色の車

なぜか右車線に来て私を追いこす

 

むむ、どうした母よ、せめてくるぜ

 

 

信号が赤、ついに横並びになる

 

視線をやると

 

母は無言で指をさす

 

(私は直進、おまえは左折、また向こうで落ち合おう、健闘を祈る!達者でな!アディオス)

 

 

そう聞こえたので

 

私はクールに右手を上げて

 

(おもしろい、名案だ)

 

と目で言うことになる

 

 

風を読み、エンジンをふかす

ゴーグルをつけ直し

信号が青になる

 

私たちはもう一度視線を合わせ

右手を上げた

 

(アディオス)

 

 

そして私の戦闘機は、カッチンカッチンと音を鳴らして大きく左へ旋回し

雲の中へ

 

右手前方には、水色の車体が40キロの猛スピードで視界から消えていった

 

 

(健闘を祈る)

 

 

心でつぶやき、私はハンドルを強く握った

 

 

✈︎ ✈︎ ✈︎ ✈︎ ✈︎ ✈︎ ✈︎

 

 

 

 

ばーかーーー?

みたいな

こんなひとりあそびが突然はじまるのだけど、みんなもそうゆうことあるのかな

 

 

 

(°_°)

 

f:id:ahahami:20170420145704j:image

 

 

ちなみに、母は、決してアディオスとかおまえとか言わないし、戦闘機にも乗っていません。

 

あたりまえ。

 

 

で、ほぼ同時に家に着いて面白かったよ。

 

おわり。