読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

満月のひとつ前

ゆらゆらハンモックの中に

気がすむまで引きこもったどうしょもない1日は

 

結果いい日だった。

 

 

ゆらゆらと揺れながらあの時考えていたことは

もうどこか霞んでる

 

風が吹くのはいつかわからないけど

どこからか吹いてきて

それはいつの間にやら来ているからハッとするような。待っていたような。

 

 

自分の意図しないところで移り変わる感情に

 振り回されるような。ありがたいような。

 

 

考えてもどうしようもないことがある。

ひたすら感じてみたらあとは身をまかせるしかないのかな。

 

そうじゃん。今のこの感覚にただ委ねる。

 

はーーーーーーーー

 

余計なものはいらないよ。

このへたくそぽん

 

 

少しだけ、体が動き出す。

 おばあちゃんに会いたい。

 

 

 

 

今夜も空が明るくて

そして涼しい静かな夜。

 

また窓際で寝ることにする。

 

 

もうすぐ満月だ。

 

 

また私のお月さんベッドに包まれてまるまるだ。

おやすみなさい。

 

 

f:id:ahahami:20160720103800j:image

 

あ、朝だ。