読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽園醸しlife7月 ふたつめ

みりんとお酢の回

f:id:ahahami:20160712150250j:image

 みりん↑

 

今回はみりんとお酢のこと知った。

みりんやお酢の得意なこと、役割とか改めて知ると

ただレシピに載ってるから、とりあえず入れるーって今までより、すごくいい!

 

うん(*^^*)

 

 

そしてみりんを作った!

 

みりんに限らず

こうやって手作りすることは

改めて、身の回りにあるものの、その奥というか手間とか時間とか、もっともとの部分にふれられるとてもいい機会だなぁと思った。

 

 

もち米と米麹と焼酎とかを混ぜて作った

これは私の手作りみりん。

でも、私の手作りではない。

 

 

だって、

もち米の種があってそれを育ててくれた人と自然と年月があって。。。

焼酎もまずはお米、それからたくさんの、過程を経て焼酎になって。。。

 そしてそして。。。

 

 

とにかくとにかく

辿っていくと果てしない!

 

お米を炊くこと、電気も、ガスも水も必要だし

この瓶をつくった人もいただろうしそれにもたくさんのものと手間も必要だし。

 

f:id:ahahami:20160713091338j:image

 

ひとつひとつに色んな色んな力や時間と、またそれを支える道具や素材と、、、自然と人と、、

 

おーーーー果てしない!

 

ほんとーに

すげーーーー。

 

 

想いをめぐらせばキリがなくて、一瞬怖くもなるけど、ほんとすげーーーー!

 

 

 

生きてるってことは

ひとりではないということなのだと。

ほーーーーーんとにみんな絡み合ってて

あったりまえなんかじゃないんだなぁって思う。

 

 

そして、いいものはやはり

そこに手間がかかってて、そこには想いもふくまれる。

 

作り手から受け取るここまで

繋がっているものがある。

 

それを、選びたいし、感謝したい。

 

 

あー。みりんって作れるなんてこと、考えたこともなかったから

みりんはみりんとしか思ってもなかったから

 

とてもおもしろかった。

 

 

 

 

今透明なみりん。

ここから2年かけて熟成されていく。

 

ここからはわたしの力ではなにもできない。

あとはよろしくと、ただ待つ。

 

おもしろいなぁ。

 

 

あ、そうそう。

家に帰ってうちのみりんは本みりん?

みりん風味?どんなかな?

 

とみてみたところ。。。

 

f:id:ahahami:20160712153357j:image

 

 

でででん!

 

すげーいいみりん使ってました!

天才!!笑

 

 

昨年のお歳暮で、姉夫婦からいただきました。

ねーちゃん、やるなぁ!

 

さんきゅー!

 

 

 

 

 

自分で全てをやろうとは思わない。

 

でも、こうやって知ることでわかることがあって

作り手へのたくさんの感謝が生まれて、本物を選ばせてもらいたいし、それを喜ぶ自分でありたいと思う。

 

 

 

 なんだか、話が長くなっちゃって

とりとめないのだけど

 

今回のみりんとお酢の会も楽しかったなぁ。