読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青い服の男

月曜の昼下がり、家の中からふと外を見ると
庭越しに青い服を着た男の人が立っていた。

佐川急便の人かな。


2.30分経って、またふと外を見ると

まだいる!

ぎょ。だれだ?

携帯をいじりながら、ちらちら顔を上げてぐるっと周りを見て
また携帯に目を落とす

え、こっち見てる??

ずっといるよね??
やだ、木の陰から覗いてる!

こわい!!

レースのカーテンだから、こちらからは外が見える。

むむむ。ずっと我が家の方を向いて同じ場所にたってる。
あやしいぞ。
何者だ。


平日の昼間、留守の家のリサーチをしてるのか?
仲間に連絡をとってる?

覗いてる?こわいこわい!



きゃーーーー。



どうしようどうしようと
ひとりで慌てていると犯人に動きが

おぉーチラチラ覗いてる!あやしすぎる!

あ、動いた!
ひぃ!なにーーー?


!!!!


その瞬間、かけてきた黄色い帽子の女の子。

やさしく笑った青い男。


!!!!!


犯人の正体は!!


((((;゚Д゚)))))))



ピカピカの一年生の娘の帰りをソワソワして
待っていたすこぶるいいパパやないかーーい!


わざわざ我が家の植木の陰から覗かずに、出迎えればいいのにまぁ!

もう少しで不審者だよ!



でも、

わかるよ、青い人。

ひとりで帰れるかな?学校どうだったかな?
家では待ちきれず、あそこの角まで迎えにいってみよう。おーきたきたきたぞー。

木に隠れて、
歩いてくる我が子の姿をみたい親心。



変な不審者が、一瞬にして良きパパに。


あぁ。もう私の周りには
ホッコリいい人しか現れないのではなかろうか。

さっきまで変態扱いしてごめんなしゃい。




歩いて帰るふたりの後ろ姿を、レースのカーテン越しに見つめ、ウルウルするわたし。

の方がよっぽど不審者だったのは言うまでもない。




以上。
今日のうっかりほっこりでした。