読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常にある安心

熱を出して寝てた時の話。

ふと目を覚ましたら


となりのとなりの部屋で
母親がごきげんに
歌をうたってる。


歌番かなんかを見てるみたい。


少しだけ声がもれてきて
なんの歌かわかりそうでわからないけど
確かに歌ってて

ふぁっと力がぬけた



その瞬間

この上なくささやかな
しあわせがミチル



あはは。


だから母がすき。