読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨が降り出した夜に

地球に生まれた時点で
もうそれだけで
確実に
わたしはひとりじゃなくて

自然もみんなもいろんな形で
芽を出す力となってくれているんだ
ともに生きてるんだ
愛はそこらじゅういっぱいあるんだ


芽を出すか出さないかは
それに気づくか気づかないか

そして、自分が自分の生きる力を信じるか



種が芽を出すには
種だけじゃできない。

土  太陽  水  虫  風  いろんなものと繋がって
力を借りて
やっと芽を出せる



でも、それがあるのに
気づかないでいたら、芽は出ないんだ

どんなに恵まれていても、受け取らなきゃ芽は出ない

与えられる量じゃなくて、受けとる量。
日陰でも、コンクリートでも、少しの恵みでも存分に受けとって、自分の力を出し切って、たくましく生きるものもある。



でももし、たくさんのめぐみを受けとっても、自分の力を信じれなければ
芽は出せないんだ


最後は自分の生きるちから、育つ力。




固く守られた殻を破って
丸裸で
柔らかい
ひ弱な芽を出す

それには自分を信じる勇気と
ここにいるのはひとりだけでない、
まわりにいてくれるたくさんの愛に気づいて
受けとっていくこと、
それが不可欠なんだなぁ。



そして、それが、
とてもこわいんだなぁ。
こわい。


こわいこわいで殻の中にいたのだけど、
誰かが土をつけて
おはようって言うんだもん。

とてもすてきな音がするんだもん。



芽を覚ましたい。。みたい。



☆☆☆




夜になって
雨が降り出した

めぐみの雨


明日の朝は冷えるらしい。


優しくて厳しい世界、そこできみはどう生きる?



落ち葉がなくてお布団が少なかったかなと、ほうれん草の種が気になり
霜が降りるといけないと、ダンボールをかぶせにいった。



これが、種たちにとっていいことか悪いことかわからない。



育つものは育ち、そのままのはそのまま。
きっと、それだけ。
それでいい。
心配したくなる。

でも

種を信じるだけ。





ねぇ、こういうことなのかな。

神さまも、こんな気持ちなのかな。



なんて。

ね。


おやすみなさい☆