読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おなかいっぱいのひみつ

ねね
おなかいっぱいはしあわせだ


けど、けど、おなかいっぱいすぎるのは
しあわせとちょっと違う時がある

何も頭がはたらかない
こころもはたらかない

今日は長い休み明けのお仕事の日
帰ってから、ごはんが美味しくてひとりでいっぱい食べた

で、もうおなかいっぱいなのに
それからもおかわりを続けた

あれ?もうおなかいっぱいなのに
とほんとは思いながらも、
いっぱい食べた
ごはんもおかしも
そして水分もいっぱいとって

その頃には、ほんとは食べたいのかとかよくわからず、ただ胃袋を埋めたい感覚すらある
何が食べたいのではなく、口に入るものは何か探してる

おなかがぱんぱんになって、

落ち着いた



お風呂に入って
もうこんな夜なのに、まだ苦しいほどおなかに何かがいる

そしてはっとする


さいきん
ほっとしたときや、自分に手をかけたいとおもう作業のときは
なんというか自分を想ったり丁寧な気持ちになるのだけど

きょうは、おふろもお洗濯も
丁寧にできなかった。いい気分でも悪い気分でもなかった。

おなかいっぱいで。

何も考えず、無意識に済ませ、苦しいおなかに飲み込まれ、思考停止状態。


ねね
これでもかとおなかいっぱいに食べるのはなぜ?


なにかを埋めようとしているのか

考える隙を無くすためなのか

おなかに食べものが入るたび、小さくなってすみに追いやられるやっこいハート



時々、異様な食べ方をする私。


気づいたのはよかった




こころとおなか

変に食べたくなるとき
ほんとうはどんなメッセージを送っているの

何を埋めたがっているの


まんぷくとこころの繋がりを想った夜


ちょっと気をつけて見てみよう