読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はいいろ

からだはすごい。

 

ここ数日、わたしのからだは反応した。

 

頭痛 顔痛 胸のむかむか 首の痛み 目の充血

 

それは灰色のもやもやとともに。

 

 

 

 

心が先か体が先か

4日経った今はとても、スッキリしていて、心地いい。

からだは軽く、充血も消えた。痛みもない。

食欲回復。肌も調子がよさそうだ。

びっくり。

 

からだ、ありがとう。

 

 

今思うのは、今回、からだの反応に気づけたんだ。ということ。

 

体が変化することを、これまで気づかずに生きてきたみたい。

 

自分の温度もわからず、固さもわからず、不調すらわからないわたしだったけど

離ればなれのそれに気づいてから、自分なりにからだに向き合ってきた積み重ねが、今回の反応だと思う。

 

ただの風邪?なにかの反応?

ほんとかな、いやいやまさか

でも。。と行ったり来たりしながらだけど、

 

こころとからだは繋がっている。の感覚をまた、自分で感じることができた。

うん。からだはわかってる。

 

 

ありがとう。からだ。

いつも守ってくれてたんだね。

 

からだの声を聞くってよく言うけど、声なんか聞こえたことがない。

 

でも、例えば今回だったら

なんかベットカバーを取り替えたい。とか、寝るとき服1枚脱ぎたいとか。

枕したくない。とか、あったかいとか冷たいとか。食べたくないとか。

そういう感覚をひとつひとつ見落とさないように拾って、感じたりやってみたりした。

 

これがからだの声なのかな。

 

 

心地よさへ向かう方向を教えてくれる、からだ。

 

 

からだが調子いい今日は

こころも軽く、灰色はどこかへ行っちゃった。

 

 

また、灰色になっても

こうやって、からだと仲良くしよう。

 

なんておもったりした。