読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナイシュー!

ミニバスの試合を見に行った。

 

懐かしい音

懐かしい風景

 

を外側から眺めて、感じる不思議などきどき。

 

思い出しているどきどきなのか

見守る側の新しいどきどきなのか

しばらくわからなくて

 

そわそわしちゃった。

 

そしてとーーーっても楽しかった!

 

思い出が二重に重なる幸せを

私にも味わわせてくれてありがとう。

 

赤いジャンパーの友のおじちゃんにも

久々に会えて、

あの頃と変わらない笑顔で

名前呼んでもらって、嬉しくて

心配かけてもぞもぞして

それでも

あの頃と変わらずおしゃべりできる幸せ。

 

バスケからもらったものは

数えきれないな。

 

私の幸せの大部分を占めているのかもしれないなぁって思いました。

 

ナイシュー!!!

 

友だちと顔を見あって

喜んだ!

 

子どもの初シュート!

 

 

 

大きくなって、人前では少しよそよそしい彼女に、自分の子どもの頃を思い出し、またタイムスリップ。

 

 

そしてそれを見守る大人側の気持ちも知りつつ、

過去だか今だかひっくるめて

愛おしいきもちでいっぱいになる。

 

 

どこまでいっても私はただのおばちゃんなんだけど、

 

なんだけど、

なんだけど、

いいじゃん。

ずっと友だちのままでいよう☆

 

 

 

とにかく、初ゴール!

おめでとう!

 

親でもない、なんでもない

私のたのしみ。

 

 

 

そう。

友だちのこどもは私のトモダチ!笑