読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高尾 穂見神社のこと。

 

11月22日 高尾の夜祭って 知ってる?

 

くしがたのお山の間に神社があってね

一年に一度、

真っ暗なおやまの静かな夜が 明るくにぎやかになるんだよ。

 

ここにも、夜祭にわくわくしている人たちが集まってきましたよ。

f:id:ahahami:20151123192244j:plain  

ちょうちん持って、神社まで古道を歩くのです。

むかーしむかしから、お祭りのためにたくさんの人がお山に登ったんだって。

 

お月さまが空に顔を出しました。

さぁ出発です。

f:id:ahahami:20151123192259j:plain

ふりかえると、きれいな夜景がみえます。

むかしは夜景は見えなくて、反対にちょうちんの行列が山にきれいに見えたんだって。

ちいさな灯が山に続く光の道  想像してみて。

 

 

f:id:ahahami:20151123192405j:plain

 

きれいだろうな。

その先に、なにがあるのかな。

 

暗い暗い 山道を登っていきます。

小さなちょうちんと月明かりが頼りです。

暗い暗い山の中、

月はこんなに明るいんだなぁって

月明かりがありがたいなぁって、静かに感じます。

 

ほくほくと あったかくなってくるよ。

f:id:ahahami:20151123192424j:plain

 

 山道は、落ち葉がしっとりしていて歩きやすい。

ふかふかしてるよ。

 

土と落ち葉と、荒れた山道を整備してくれたみなさんのおかげです。

 

古道には、神様があちこちにいてね。

頭にお馬さんが乗ってる神様とか

お月さまを待つ場所のめじるしとか。

 

そのたびに、神様にかこつけて

ひとやすみ。

 

かみさま、ありがとうです。

 

(*^^*)

 

しばらくあるいてあるいてあるいていくと

遠くのほうから何か聞こえてきます。

 

不思議な気持ちが増していきます。

タイムスリップ。

 

ふえの音。たぬき囃子?

どきどき。

早まる気持ちを抑えながら さいごの坂道登ったら

そこには、不思議な世界が待っています。

 

突然湧き出たような

たくさんの人と

賑やかな祭りの音頭

 

ここは高尾の穂見神社。

 

真っ赤な鳥居をくぐって

f:id:ahahami:20151123192445j:plain

 

石段を登って

 

夜に浮かび上がる祭りへようこそ。 

f:id:ahahami:20151123192459j:plain

神様たちが

お迎えしてくれます。

 

ちょっぴりふざけた(?)

いやいや、高尾を守るかっこいい神様です。

 

楽しい夜はこれからですよ。

 

 

ふゆのはじまりを感じながら

笛の音にこころ躍らせて

今と昔が繋がるようなお祭りを体験しませんか?

 

 

 

f:id:ahahami:20151201232152j:plain

 

 高尾 穂見神社へ ようこそ