タメさんの話とオペラ

今日感じたこと。

 

いつもボランティアで、体操やレクレーションに来てくれるUさんが、今日は思いで話を聞かせてくれた。まるで小説を朗読してくれてるみたいに。

小学校の頃の記憶を手繰り寄せて、Uさんは話してくれました。

大人になってから、ふいに思い出す風景が、

人の想いにふれ、ある時忘れられない想い出になる。

時を越えて人の心を動かしていく、思い出の中のきれいな瞳。

 

わけはわからなくても、事情はしらなくても、きれいな瞳は人の心にしみていくんだ。

心の叫びは届くんだ。

なぜだかわからないけど心に残る。ふいに思い出すそんな出来事って、こころにゆっくりゆっくり何かが染みていて、今はわからないけど、きっとそれを受け取る準備をしているのかな。

それとも、いつだってそのまっすぐなメッセージは伝わっていて、でも決してその意味を頭で理解しなくたって、いいのかもしれない。ただ、染みた、それでいいのかもしれない。

言葉にはできないけど、こころは知ってるのかもしれない。

 

でも、なにかが繋がって言葉にできるとき、それは人の心を動かします。

私はUさんのお話を聞けて、うれしかった。

 

繊細なこころを、声にして伝えてくれるUさんに私は静かに感動したんだ。

 

忘れてしまいそうな日常の一コマ

ただのできごと。ただの人。

だれかにとってはなんでもない事も、人によって、見方によって、意味をもつ。

 

それがうれしかった。

 

出来事はひとつだけど、感じ方はいっぱいある。

 

傷ついたきれいな瞳のタメさんが生きていたこと。それで、人のこころが動いたこと。

それがまた人に伝わっていくこと。

心がつんと切なくなって、でも体がじんとあったかくなりました。

 

 

タメさんのお話を聞いた後、Uさんが好きな音楽を聴くことに。

それはオペラでした。

オペラはこうやってじっくり聴くのは初めてで、すこしそわそわ。

でも、目を閉じて聴いているとそわそわはなくなって。

 

Uさん、オペラすきなんだなぁ。って思ってたら、Uさんが、なんだか歌いたくなっちゃった?って。

私はうれしくなって、聴かせてくださいっ(*^^*)とお願いしました。

 

 

そして、Uさんのオペラを聴いたのです。

とってもきれいな声だった。感動した。

 

今日は知らないUさんの一面にふれ

そして、オペラが好きになりました。

 

今までオペラなんて正直興味なかったんだけど、目の前で歌を聴いて

Uさんのやさしいところが歌に乗って届いてきてね、とーってもいい時間だったのです。

 

それはそれは、すてきな時間。

 

 

あー今日は楽しかった。

人の知らない一面にふれると、なんというか嬉しくてふぁってなって

ぐんとすきになる。

 

素直に表現できるひとって、なんてすてきなんだろう。

 

 

 

うまく言えないのだけど、とにかく今日は

そんな余韻に包まれて、うれしいのでした。

 

 

どんな出来事も、すばらしいって、

うん、そうなんだなって気持ちでいっぱいなのでした(*^^*)

 

 

 

f:id:ahahami:20151020015953j:plain

 

 

きれいな瞳が曇ることのない、世界でありますように☆