読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

帰り道のひとりあそび

仕事帰り、おばあちゃんの顔を見に行くのが日課。 そこからの帰り道、母とそれぞれの車に乗って家に向かう ✈︎ ✈︎ ✈︎ ✈︎ ✈︎ 途中、二車線の道路 後ろから来た母の水色の車 なぜか右車線に来て私を追いこす むむ、どうした母よ、せめてくるぜ 信号が赤、ついに…

ぽ!

こころがぽっ。となる瞬間 こころが、ぽっ。となる瞬間がすき 誰かのこころがぽっ。となる瞬間をみたいし 私のこころがぽっ。となる瞬間がしあわせ それだ。 ぽっ。 それは私が生きてるということ。 だから、何でもいいんだ 仕事とか夢とか目標とか結婚とか …

再会に思うこと

過去も未来もただの幻想かぁ。 ほんとうにそうかもって思う。 先日、たった半年だけど、長野の山奥で共に過ごした知人と5.6年ぶりに再会した。 会うまでは少し緊張してた。 年賀状のお返事もしてないし、失礼極まりないずっと音信不通なわたしだ。 あのころ…

母なる大地への祈り わたしは体が冷たくて、固くて、繋がらなくて、痛くて、まっくらな世界を感じていた ひとり違うところにいるような、体を感じられなくて、大地も感じられなくて、つめたくてどこにも繋がらない そして、ただ、祈りの声が、太く低く出てい…

自分の足で立つ 1人ではなくみんなの中で でも自分の足でしっかりと立つ わたしの空気を守りながら 安心してみんなと生きる

だいすきに自信喪失

だいすきに自信喪失 だいすきな人が、だいすきに自信喪失してるって言ってた オーマイガーと思った 愛し愛され愛のかたまりの人がだいすきに自信喪失する オーマイガーだ。 こんなにだいすきなのだから。 みんなみんな。 だいすきなのだから。 しばらくして…

心臓さんよ。

わたしは男女問わず、だいすきな人と話すときドキドキしてしまう みんなもそうかもしれないけど ドキドキして、普通に話せなくなる 相手の声色を気にしてしまって 頭が真っ白になって うまく話せない 嫌われたくないとか、どこかで思ってて 嫌われる前提にな…

おはよう

例えばまくらを外すとか 首元にたるんだパジャマのフードをどかすとか 足首をくるりとあっちに向けるとか そういう小さなことが 朝の目覚めを気持ちよくしてくれる もっといえば それが 人ひとりの1日を変える 気づかないような小さな不快にきづく 気づかな…

夜の空気

今、月を見てる 白い息がでるけど とてもきもちがいい 手がしんしん寒いけど、心はあったかい ぐるぐるとあてもなく、 行き場もなくよどんでた体の中に 冷たい空気と 友だちの優しい何かがはいって来た 走った!走りたくなった きもちがいい うん、体がよろ…

目を開け、目を瞑れ

自分を見つめようと躍起になって 仲良くなろうと目をパチクリ開けて わたしはなにものなんだろうって 見つめた先の 見つめているつもりのそれは、きっと湖に映るわたしで 一生懸命見つめても、ゆらゆらと儚くて いつまでたっても掴めない それはわたしなのだ…

きょうのゆめ

なんか体が自由に飛べて動き回って ケラケラ笑って いたずらしたりふざけたり 砂浜や菜の花畑で遊んだり 友だちのお家に出入りしたり とにかく小学生みたいにケラケラ笑って とっても楽しかった夢をみた☆ 大好きで大好きで 尊敬していて しすぎてて でっかく…

幸福マメ

ひとり福豆を食べちょります さみしくもあり こうふくでもあります 昼休みにつぶやいた ぽりぽり。 *** 最近わかったことがあります どんな世界に生きるかは自分で選べるのだということ おんなじ出来事でも、それに対してどう思うかは自分が選択している…

勇気 自分である勇気 しあわせでいる覚悟 自分の人生に責任を持つ 楽しむ 今の自分を楽しむ

思い出の千手観音

こんなの出てきて 笑った 雪、すごかったなぁ

(°_°)

とりあえず書こう 今日は頭の中がモヤモヤと冴えなくて あれこれ気持ち悪いのが続いてすっきりしない どうもこうも頭ではわかっていることと 現実に起こることへのとっさに生まれる感情はチグハグになっているらしい あれ、おかしいぞ となる モヤモヤしてる…

やばい

イモトと草刈正雄 だいすきだーーー!! あーおもしろかったし元気出た! 笑いすぎて泣くって、死ぬほど最高に楽しい!

記録

1月終わるところ、のつづき うまく言葉にできるかな 日々色々なことがあって それらが繋がって その時々の色々な気持ちをとおりまわって まわって、まわって いまの私に起きていることを、記録すると 幼い頃の自分がとてもとても愛おしいという 人生初めて…

なんか今朝は 風がザブザブふいて 落ち着かなかった 昼が過ぎると 明るかった空はあっという間にモノクロになって 遠くの山がくっきり浮かび上がって見える 空気が澄んで しんと静かだ 寒い寒い。 まだ冬だ もうすぐはるだけど、でもまだだ そんな冬の気迫 …

巻き巻きをぱくぱくの部

あー! ぎょうざを焼いて 巻き巻きをぱくぱくして 最高ではないか! 今年1年の健康を祈りつつ 歌って笑って それから 温泉いって お布団並べて足マッサージして それからそれから おやすみヨガして、 なかなかおやすみしないで くっちゃべって とりあえず眠…

巻き巻きの会

恵方巻きをこしらえる たのしすぎる なんと、桜でんぶもこさえた ピンクにしようと頭をひねったが 結果えびちゃん混ぜて なんだかベージュに仕上がった たらは、ゆでてほぐして炒めると キラキラフワフワすることに驚いて なるほど 桜でんぶに選ばれた理由が…

1月おわるところ

小雨がしとしと降る しろい雲が広がった、でも明るい空の今日 泣いた日 ひとはどうして泣くんだろか 涙がながれてしまうと 心が悲しむのかと思っていたけど ほんとうは 涙がながれるたびに心が透明になっていく 抱えていた下ろしたくてもおろせなかった重い…

バスにのった天使

今朝、信号待ちの車の中 ふと横を見たら、黄色いようちえんバス 中のちいさな男の子と目があった ひとり穏やかにまっすぐこっちを見てた とてもかわいい目で見つめられて うれしくなって笑った そしたら、窓の端っこにちいさな手が出てきて にこにこと手をふ…

ただ

私を揺さぶってくる色んなことばや出来事 嫌な気持ちがしたり イラっとすること やになるが、自分が見えてくる。 相手どうこうじゃなく、私の問題だ。 ひとつ置いて。 反射的にならないで でも、自分もせめないで 拒絶しないで ただ、見る。

おもしろかった漢字

【橇】 ソリって読むんだって。滑るそり。 おもしろい漢字! 木を動物達がひっぱるから? なんでなんで? 寒い地方の乗り物だから、動物たちも毛が多いのかな、よくわからないけど。 はじめクシかなぁ?と思ったけど ソリとはやられた。 あはは そりっぽくな…

好きな人の中に嫌いなところがあってもいいんだぁ。 全部好きにならなくてもいいんだー! そりゃそうだー。 全部全部が自分の好きなわけでもなく、好きじゃないところがあってもでも、それでもすきでいいんだ。 無理やり好きにならなくても 見て見ぬ振りしな…

しくらめん

(認めたくないけど気づいちゃったこと) はっとしたのは お花に水をあげたときのこと。 シクラメンのお花の水が少なかったので、お水をあげようとヤカンを手に持った。 (うちはジョーロじゃなくてやかんであげている) そしたら既にヤカンにお水が入ってた。 …

月曜日のダイジェスト

創作☆酉年りんごきんとんのパイ、ゲッペイか事件 パイ生地もっと伸ばしてね BGMはエンドレスサケロック 異国のプレッツェル かぎ編みもエンドレス アナログ宇宙人 どんぐり→ちくび→たまねぎ→りんご? いや、テレタビーズ アイルランドでつぶやきシローに再開…

ゆきのあとの休日は

ポタポタポタと雪解け水の音で目がさめる 今日はお天気だ 外をみる 白い雪と、木々にぶら下がる雫が 太陽に光ってなんとも 気持ちがいい パジャマのまま 庭に出て、ゆきの上を歩く もう雪はかたくなっている 落ちてくる雫たちの足跡が ポツポツ模様の あなぼ…

へんなところ

ふとんを持っていって その日寝たい場所で寝ることが好きです。 家の中の好きなところに移動して 寝るのです。 自分の部屋にほとんど寝ないわたしですが このところ暫く自分の部屋にふとんを敷いて寝ています。 でも ベッドには寝ないで床に寝ています。 自…

七日の朝

きょうはともだちに贈りたいものがあるので 仕事の前にクロネコさんのところに行く だからね今朝は早起きできた ◎ 起きたらおなべに七草がゆがあった うれしかった すごくうれしくて、しあわせだった おいしい。 いつもより早く家を出てクロネコさんへ クロ…

おねぼうの特権

新しい朝、向こうの部屋から可愛い声がして 目をつむったまま 目が覚めて しばらく遠くのあれこれする音を聞きながら このしあわせに包まれてみたりして モゾモゾと一番遅く、起きましたお正月。 布団の中、こっそり家族を感じてふくふくできるのは おねぼう…

ふたえまる

お正月のごはんの準備をしていたら 大根から ふたえまるをもらいました◎ うれしいな(*^^*) 今日は台所で1日を過ごして あれこれつくったり つまんだり とても楽しくてしあわせでした。 最近、お料理するのがとってもたのしい。 いい年の瀬ですなぁ。

日の出づる里

今朝、日の出を見にいく まだ暗い静かな内に起きて 半分目をつむったまま 昨日の夜一緒にいた仲間たちと また顔を合わせて 静かに、わくわくして こうやって、10年経ってもあの頃と変わらず ふわっと集まり ただ日の出を見にいくことができる 静かに喜びで…

クリスマス

今年もサンタはいた たくさんいた いろんなサンタ みんなやさしいサンタさん うれしいがいっぱいだなぁ。 そういうわたしもサンタなのだ。 ho! ho! ho! ありがとう ありがとう メリークリスマス☆

冬のおはな

お花を植えました かわいいなぁ

冬だけどあったかーーい日

庭であそぶ あはは(*^^*) すこしずつ クリスマスの準備もね

高尾 穂見神社の夜祭り

今年の記録。 またあらためて この特別な夜のこと、書こう

また!!

携帯が壊れた 今年は、やたらものが壊れるぞ わたしから変な電磁波出てるのかな しかし 携帯のない生活も、なんとかなるもんだ (・ω・)

ただ。

ひとのきたいはまぼろし じぶんがつくったげんそう 期待に応えない 見てもらわない アピールしない ありがとうはいらない ごめんねはいらない 好かれない 褒められない 喜ばれない いいこにならない わるいこにならない 誰かがいる前提で動かない ただ わた…

そうかとらわれないようにすることで とらわれているとらわれないように、そう思うことが そのことにとらわれているまっ最中なのであって そんなことが自分に起きていてわたしでいるのに わたしがわたしじゃなくなってわかったこと。 うん。 わたしはとらわ…

はずかしい

はずかしいをやろう はずかしいをひらこう はずかしいを楽しもうはずかしいことなんて本とは何にもないかんぺきなひとなんていないのだからみんなただの人間で みんなはじめてのじぶんを生きている 愛する人とは存分にはずかしいをたくさん見せ合って くだら…

つづきのつづき

もしかしたら、 私はことばがすきだけど じぶんの中にある ことばのいいと悪いに縛られて ことばのその奥のそのほんとうにたどり着く前に 縛られた言葉を頭がはじいちゃって 心はその奥を感じようとしてるのに 頭はそうじゃないから だから混乱してしまうの…

つづき

でもわたしはことばが大切でとてもすき 自分のことばが、人にどう伝わるかはわからないのだけど、ことばがあるから私は私の世界を表現できて共有できてとても楽しい 一つの同じことばを使っても それをもつ人によって、そのことばの意味合いは変わってくる …

ことば

言葉はほんと? 言葉はとても大切だけど 口の悪いあの人の 素直じゃないあの人の 話が合わないあの人の 瞳を嫌いになれないのはなぜだろう わたしは何を見ているのだろう これもまた 言葉で説明できないほんとのはなし 人間とはなんとも不思議ないきもので。…

あめざーざー

きょうはあめ 寒い寒い きょうの私はどんなことを想うだろう 今までとおなじ? 今までとはちがう? 何がいやで 何がうれしい それはほんと? そのままのわたし? それがしたいの? それともそれを通すことで自分を満たしたいの? 楽しみたいの? ならば、方…

秋晴れサンデー

ひさびさにお家で過ごす日曜日。 わたしといえば まんまと風邪をひいて 目がさめるまでぐずぐず眠り ぽーっとしながら外に出ると ふぁ〜!なんていいお天気! お布団干して しょうがたっぷりのお鍋の残りを食べながら のど自慢見て 鐘鳴らす人にもんくいって…

空をみる

きょうの午後はよく空をみた 昼すぎ 夕暮れ、それから夜の空 どの空もきれいでした。 彩雲みたよ 遠くの夕焼けも 明るい14番目のおつきさまも。 では、おやすみなさい☆

月のきれいな夜

月のきれいな夜のこと。 焚き火と月明かりに照らされて こっそり光るみどり 喜ぶ夜のしずく きらきら 遠くの空のしろい薄雲と 焚き火の煙 私の口からもくもく出てくるしろい息 ふーっと吹いたら どれがどれだかわからなくなって みんなひろがった 音と一緒に…

かたくなった

心配という言葉にいやなものを感じることがある。 そこに隠れたつめたいものを感じる。 言葉からのエネルギー それに反応してしまうわたしがきっとエネルギー不足。 でも、よく、よく、それを感じたら わかることもあって みんなそれぞれの場所でいろんな思…

正解はない 生き方にふれたい 想いにふれたい 話をしたい 話を聞きたい だからここで学びたい 好きな人とをもっと好きになること 近くで自分でいること オープンできてなくてもでもそれでもそばにいたいを叶えること 甘えること こわいままでも触れること し…