読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(°_°)

とりあえず書こう

 

今日は頭の中がモヤモヤと冴えなくて

あれこれ気持ち悪いのが続いてすっきりしない

 

どうもこうも頭ではわかっていることと

現実に起こることへのとっさに生まれる感情はチグハグになっているらしい

 

あれ、おかしいぞ

となる

 

モヤモヤしてるぞ

となる

 

大丈夫なはずなのに

となって

 

またモヤモヤする自分を

えーなんでまだモヤモヤするの、もうそういうのいいじゃん

しつこいわと

投げ飛ばしたくなる

 

ちょっと待って、わかったってそういうことじゃない

 

大丈夫って、そういう意味じゃないじゃないだろ

 

わかったつもりになっても

現実で行動しないと自分のことではないまま

結局、後戻りして、思考のクセは当たり前のようにわたしを引っ張ってくる

 

わかったら、現実が変わるなんて

そんなことはない

 

 

 

大丈夫っていうのは、何もかもうまくいくって意味じゃない

思い通りになるって意味じゃない

 

どうなっても大丈夫ってこと

思い通りになってもならなくても大丈夫

傷ついても大丈夫

想いが違っても大丈夫

大丈夫

 

 

 

もっと自分で

自分から、触れて

もっと、自分から切り込んで

 

そうやって心にも体にも刻んで

いくしかない

 

大丈夫って

待っていても何も変わらない

 

 

わたしはなにがしたいのか

 

いつまでこんなふうにモヤモヤするのか

 

きっと一生。

 

 

ならば、刻む

わたしを刻め

 

いつまでこわくて隠れているの

 

まだ失敗がこわい

また違う反応が来たらこわい

求められたらこわい

求めて叶わないことがこわい

傷つくのもこわい

打算ばかりでずるい自分

 

 

だれかが歩み寄ってくるのを待ってたって

都合よくそんなことはない

 

依存して、人に隠れて

人のせいにして

モヤモヤして生きてくの?

 

どうせモヤモヤするなら

自分で動いて、頭ぶつけて

それで笑ったり泣いたりしたい

 

 

うまくいくってなんだ

 

まだそんなところ

 

 

 

わたしがつまづくのは、大好きがあるからだと思う

 

自分と違う考えの相手が

理解できなくて、モヤモヤしてしまう

特に近しい人だからこそ

反応が半端ない

わかってほしいが飛び出してくる

 

違くてもいいじゃないか

なのに、どうしてもモヤモヤしてしまう

 

わたしだったらこう思う

に、全く当てはまらない状態に

共感できなくてモヤモヤする

 

 

共感できなくていいのに

違くてもいいのに

理解しなくてもいいのに

 

どうしても説き伏せようとか

普通こう思うでしょうと、それが正しいと

それは間違っていると思ってしまう

 

 

そう思ったっていい

 

でも、相手には関係ない

変えようとする必要はない

 

大切なひとだろうが

わたしと違って、わたしからしたら理解不能でも、わたしからしたら、それは偽善に思えてあなたのためにそれはよくないと強く思ってしまっても

それは関係ない

 

本人からしたらそれが普通でそれをしたいのだから

 

なのにもやもやするとてももやもやする

 

それは、わたしの問題なんだろう

 

あーもやもやする

 

コントロールしたがっているのか

思い通りにしたいのか

 

相手のためをと思いながら、自分の思い通りにしたいだけなのか

それがわたしの安心なのか

 

これが、こんな葛藤が嫌で、離れたくなる

 

なのに、離れられない

なんなんだ

 

ここをひっくるめてすっきりさせたい

 

 

言えばいいし、言わなくてもいい

そして、変わろうが変わらなかろうが

それはそれでいい

 

でも結論、もやもやするなら言ってみ!

で、なるようにしかならない!

 

というところ。

 

 

それより、お前はどうありたいんだ!人のことはいい、自分に目を向けろ!

 

 

ゔ。。。。はーい。

 

 

おわり

 

 

(°_°)   (°_°)  (°_°)

 

 

 

 

 

数日後。。。

この下書き

見て思うこと。

 

 

 

。。何があったんだっけ。汗。

何をモヤモヤしていたのか思い出せない。。

 

。。。ちーん。

 

 

なるよーにしかならず

スッキリさえすれば

なんのことないことだった

YO!

 

笑。

 

 

 

こわい!!

 

自分がこわいyo!(°_°)

やばい

イモトと草刈正雄

 

だいすきだーーー!!

 

 

あーおもしろかったし元気出た!

 

 

笑いすぎて泣くって、死ぬほど最高に楽しい!

記録

1月終わるところ、のつづき

 

 

うまく言葉にできるかな

 

f:id:ahahami:20170207204402j:image

 

 

日々色々なことがあって

それらが繋がって

その時々の色々な気持ちをとおりまわって

まわって、まわって

 

いまの私に起きていることを、記録すると

 

 

幼い頃の自分がとてもとても愛おしいという

人生初めての感情を味わっている。

 

 

 

 

 

2〜30年の時を経て、今というタイミングで目にした古い古いビデオ。なんでもない日々の記録。晴れの日の記録。等々

 

記憶の中にあるわたしと記憶にない意外なわたしの姿

知ってる家族と改めて知る家族の姿

思い込んでた記憶と

今みるむかしのみんな

 

夜な夜なタイムスリップ

 

画面の中

撮ってくれた母の目になって見る自分や家族。

 

怒ったり笑ったり、緊張したり固まったり

隠したり、隠しきてれなかったり

甘えたり意地を張ったり

うっとりしたりヤキモチ焼いたり

調子に乗りすぎたり

チャレンジしたり失敗したり

かわいがったり、かわいがられたり

食べたり飲んだり

ケンカしたり、喜んだり

じーっと見つめたり、ボーとしたり踊ったり

そこにいなかったり

 

 

その時の気持ちを思い出すことと

あのころ見えていた小さな世界、

そしてそれだけが真実ではないもうひとまわり広い世界

それらを今の場所から見つめることが同時にできて、

そうすると

そこで一生懸命生きてるあのこが、つまりわたしが愛おしくて仕方ない。

可愛くて仕方ない。

 

 

笑っていると、笑えてくる

困っていると、だいじょうぶだよと思う

天邪鬼が顔出して、らしくてこれまた微笑ましくもあり

がんばってると、それがんばれと愛おしく

 

イマココにいる未来の私は、どんなことだってまるごとまるごとだいじょうぶだよと言える

全部全部がかわいく思う

 

あの頃のあたりまえの風景だったから、見えてなかったたいせつなものも

今ならみえて、ハッとする。こころが満たされる。ありがたくて、いっぱいになる

 

 

そう思うと、きっと、もっと未来のわたしも

今のわたしをみて、同じように

どんなわたしも愛おしく思ってくれてるんだろうなと思う。

 

全てがありがたくていっぱいなんだ

 

うまく言えないけど

そう感じてる。

今、過去をやさしくみつめるその次の瞬間には

未来からのそのまなざしを感じられる気がして

すごくうれしい気持ちになる。

 

 

 

それとねもうひとつ。

たいせつなたいせつなこと、思い出したことを。

 

 

お母さん。

 

 

 

 

若いお母さんが、遠くからわたしを見つめてる

 

その姿をみた時、わたしの中はなんにもなくなってしまった。

 

いや、なんにもなくなったんじゃなくて、ひとつだけでいっぱいになってた

気づけば、わたしの中にあったものはただただひとつだけだった。

 

 

この人が、だいすきだということ。

 

ずっとずっとずっとずっと。

1秒も休まず

この人がだいすきだということ。

 

 

なんか、それだけで溢れて

もうなんにもいらなくなって

この人が母でいてくれて

こんなにしあわせで

何を苦しむことがあるのかと。

 

全部がそれで解決してしまう。

もう、それでいい。

それがいい、これからもずっと、だいすきしかない。

 

34年間ずっとずっとわたしに向けられた優しいまなざしがそこにあること

体の細胞一つ残らず思い出した。

 

知っていたの、本当は。

こんなしあわせな感覚を、思い出した。

 

 

 

そして、いつのまにかもう

一瞬で

父のことも溶けちゃった。

 

 

素直に、なった

なにを、そんなに握りしめていたのだろう

 

 

父の形の愛も、わたしの元に届いていたのでした。 ないと思ってた。

でも、あった。ということになった。

へーんな形が彼らしくて、それで笑えて、ほしい形くれない父が、どこまでも彼らしくて

愛おしくさえ感じている不思議。

 

 

すっかり忘れていた記憶や

知らなかったそれぞれの思い出の形

変なところだけ切り取って一時停止したままだった記憶

 

 

それが動き出して

血がめぐり出して

今が動き出して

 

なんだかまたホヤホヤ

生まれたてみたい

 

 

母のあの、優しいまなざし

思い出すだけで涙がでちもう。

 

 

 

この世界に生まれた時

おぎゃーと泣いたのは

もしかして、こんな気持ちだったのかな

 

 

そうなのかな

しあわせで嬉しくて、泣いたのかな

なんて思った今

 

 

 

よくわからないけど、今日はそういう記録。

 

 

近くのみんなみんな、やおよろずの神様

だいすきな、みんな

周りにいてくれる人、もの

そのまた遠くて目に見えない

でも繋がってる

みんなみんなのおかげで生きれてる

今に感謝します

 

 

 

なんか今朝は

風がザブザブふいて

落ち着かなかった

 

 

昼が過ぎると

明るかった空はあっという間にモノクロになって

遠くの山がくっきり浮かび上がって見える

 

空気が澄んで

しんと静かだ

 

寒い寒い。

 

 

まだ冬だ

もうすぐはるだけど、でもまだだ

 

そんな冬の気迫

 

もうひと降りしてやろうかと

雲が冷たい風を吹かす

山々がだまってみてる

 

 

 

 

庭に顔を出したばかりの柔らかな芽が、

しんと気を引き締める

 

 

辛抱強く、春を待つ 

 

巻き巻きをぱくぱくの部

あー!

ぎょうざを焼いて

巻き巻きをぱくぱくして

最高ではないか!

 

今年1年の健康を祈りつつ

歌って笑って

それから

温泉いって

お布団並べて足マッサージして

 

それからそれから

おやすみヨガして、

 

なかなかおやすみしないで

くっちゃべって

 

とりあえず眠くなってさすがに寝て

 

 

朝、太巻きアゲイン。

 

f:id:ahahami:20170206225935j:image

 

 

おはおはよう。

素晴らしき、春のはじまりでやんす。

 

 

おまけ

まきす、古くて糸切れちゃったので

結びなおしてみました。

 

f:id:ahahami:20170206231151j:image

 

いい感じ!

これで、また、巻き巻きしませう(*^^*)

 

巻き巻きの会

恵方巻きをこしらえる

 

たのしすぎる

 

f:id:ahahami:20170206223736j:image

 

なんと、桜でんぶもこさえた

 

ピンクにしようと頭をひねったが

 

結果えびちゃん混ぜて

なんだかベージュに仕上がった

 

たらは、ゆでてほぐして炒めると

キラキラフワフワすることに驚いて

なるほど

桜でんぶに選ばれた理由がわかった

 

お色はちょっぴり地味だけど

やさしくあまい

桜でんぶに仕上がった

 

これは感動!

 

そして、巻き巻き。

 

f:id:ahahami:20170206224618j:image

 

いぇーい

 

どどーん

 

f:id:ahahami:20170206224701j:image

 

あぁ。かわいい。のりまき。

 

のりまきを、生まれて初めてかわいいと思ったよ。笑

 

 

次は、豪華に海鮮巻きまき

 

f:id:ahahami:20170206224840j:image

 

うほうほ。

えびにサーモン、アボカド。

たまごもほうれん草も。

 

具をもりもりし過ぎて、極太まき。

 

 

楽しい楽しい、巻き巻きの会。

 

 

夜は、我が家に場所を変えて

おこたで食べるの会ですよ。

 

 

 

雨降り日曜も、あーだこーだと賑やかに過ぎていきます。

1月おわるところ

小雨がしとしと降る

しろい雲が広がった、でも明るい空の今日

 

泣いた日

 

 

 

ひとはどうして泣くんだろか

 

涙がながれてしまうと

心が悲しむのかと思っていたけど

 

ほんとうは

涙がながれるたびに心が透明になっていく

 

 

 

抱えていた下ろしたくてもおろせなかった重い荷物は私をだきしめてくれていたんだとわかってしまった

 

 

ぎゅと抱きしめかえすことで

同じようにそこにあるのに重さはなくなった

 

むしろ、私は浮いてしまうくらい

抱っこされていたんだな

 

 

身動きとれないのを、そのせいにしてきた

ずっと。ずっと。

 

それはもう終わり

 

 

で、はじまって

 

両手を大きく広げてまっすぐに

足をついて、また一歩ずつ。

 

 

 

そんで毎日はじまりで

 

時々こうやって、思い出して

新しいわたしと、これまでのわたしと

どっちもわたしで

まるなんだと

 

変わることも変わらないことも

どっちでもよいし、

どっちにしろ、おんなじである瞬間は存在しないのだと

 

不思議だけどおもしろいと感じている

 

ありがとうしかない

ありがとうしか

なくなってしまった

 

 

 

外を見ると

知らぬ間に空が晴れて、お天気雨

 

あはは(*^^*)

 

 

お天気雨、だいすきだ

 

 

空みたいにきょうのわたしは

何をしてても涙が出てくる

これはとってもしあわせな涙だと

 

いま

しっかりと感じてる

 

 

 f:id:ahahami:20170131154201j:image

 

これは、南天の葉

しとしと雨と

お日様の光もあびちゃって、なんとも気持ちよさそうです

 

 

南天の花言葉はね、いい家族。だよ